読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものを捨て ものを買う夢を見る

ミニマリストを目指しつつ 欲しいものを綴る シェアハウス住みのシンプルライフブログ

ミニマリストへの1歩 その15 お金を大切に使う

f:id:tetuneco:20150923095544j:plain

こんにちは、tetunecoです。

 

 

 

モノを捨てることとは

ミニマリストになると決めたら、まず、モノを捨てることから、その一歩は始まります。

最初のうちは、順調です。

いらないもの、使っていないもの、もう使わないもの、同じものが何個もあるものなど、そもそも捨てておくべきであったものを捨てていくだけでいいので、案外簡単にできます。

そのうち、簡単に捨てられないものばかりが残ってきます。

この捨てられないものの基準は人によって違うと思うのですが、私の場合、思い出とかいうものにはあんまり興味がないので、「高かったもの」が一番捨てられないものです。

 

私にとって、モノを捨てることとは、そのモノに投下したお金を捨てること、と同じなのです。

 

 

モノに使ったお金は返ってこない

ミニマリストになろうと決めてから、結構たくさんのモノを捨てました。

高かったのに、ほとんど使わなかったものもあったり、今こうして、必要なものだけを買うと決めてから振り返ると、なんで買ってしまったんだろうと思うものもありました。

考えても仕方ないことなのですが、捨ててしまったたくさんのモノを買わずにいたら、もっと貯金ができていたんだろうなあって、なんかしみじみ考えてしまいました。

 

モノに囲まれて、それなりにいいこともあって、無駄ではなかったとは思いますが、不必要なモノのために使ったお金はもう返ってきません。

 

お金を大切に使いたい

振り返ると、たくさんのモノを買い込んでいた頃は、モノが欲しかったというよりも、何かが買いたかった、なんでもいいから欲しかったという気持ちで、毎日を過ごしていたように思います。

買い物を、毎日のストレス解消にしていたのかもしれません。 

 

こうして、不必要なモノを捨てて捨てて、すっきりしてくると、なんだかお金のありがたみがわかってくるような気がしています。

なんというか、もっとお金を大切に使えばよかったなぁという感じです。

 

ストレス満載の仕事を一生懸命して得たお金を、私は、あまりにもぞんざいに使っていました。

 

ミニマリストを目指して、モノを捨てていくことで、いろんな気づきがありました。

 

こうして、自分のお金の使い方を振り返ることができ、お金の使い方を見直すことができたことは、将来の私にとって、とってもプラスになっていると思います。

 

数年後には、きっと素敵な暮らしになっていると願って、大切にお金を使っていきたいと思います。

 

minimalist-mono.hatenablog.com