ものを捨て ものを買う夢を見る

ミニマリストを目指しつつ 欲しいものを綴る シェアハウス住みのシンプルライフブログ

ミニマリストへの一歩 その13 衣替えは服を減らすチャンス

 f:id:tetuneco:20160402111158j:plain

 こんにちは、tetunecoです。

 

私の住む町では、すっかり春らしくなってきました。

冬の間来ていた厚手のトレーナーやフリースは、必要なくなってきました。

 

徐々に衣替えをしていかなくてはと思っています。

この衣替え、私まこれまでも服を減らす機会としてきました。

 

衣替えは衣類を捨てる機会に 

衣類の中には、いつか着るかもと思って、なかなか捨てられないモノがあります。

とはいえ、やっぱり着ない服は着ない。

ですので、春の衣替えでは、冬の間に着なかった服は捨ててしまうことにしています。

この冬の間に着なかった服は、大切にとっておいても、次の服に着ることはほとんどないからです。

 

 

さらなるミニマム化

無印良品の商品を活用して、ミニマムな暮らしをしておられるこちらのサイト主さんは、衣替えという概念を超えていらっしゃいます。

衣類はそのシーズンで着倒し、シーズン外となった衣類は入れ替えとともに廃棄してしまうそうです。少ないアイテムで衣類を着まわしていくので、消耗が激しく、衣類の廃棄サイクルが早くなるそうです。

 ですので、常にクローゼットにあるのは、その時々、着ている服のみだそうです。

詳しくはこちら↓

yamasan0521.hatenablog.com

 

 

私はどこまで?

ミニマリストというのは、それぞれが暮らしやすいシンプルを目指せばいいと思っているので、参考にすることはあっても、全てが全て、ミニマリストと称されている人の生活を真似る必要はないと私は思っています。

 

さて今年の衣替え、私は、どうしようか。

 

私は、もちろん着なかった服と古くなったものは捨ててしまおうと思っています。

このところ、ミニマリストを意識していたので、そんなに捨てるものないなぁと思うし、やっぱり捨てないで置いておく服もあります。

 

そこで、場所を決めて、そに収まる分の衣類だけを、次の季節までしまっておくことにしました。

 

場所は、ベットの下の衣類ケース。

う、結構入るな。

 

次の季節は少ないアイテムを意識して

これから迎える次の季節は、少ないアイテムで着まわしていくことを前提に、衣類を買って行きたいなぁと思います。

 

ベースは白のコットンシャツ!

 

そして、そういうシンプルな服装に似合う私で居たいと思います。

 

 

 

*ミニマリストへの私の小さな一歩たち

minimalist-mono.hatenablog.com