読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものを捨て ものを買う夢を見る

ミニマリストを目指しつつ 欲しいものを綴る シェアハウス住みのシンプルライフブログ

ミニマリストへ一歩 その4 自分を肯定するために他人を否定しない

ミニマリストの反対ってなんだろう。単純にモノが多い人なのかな、やっぱり。

 
スティブ・ジョブスも毎日同じ服を着ていて、ミニマリストだったらしいということも聞いたし、お金があってなんでも買えても、モノが少ない人はミニマリストと呼んでいいみたい。
 
 まあ私はお金も物欲も低めのなんとなくミニマリストなんだけど。

f:id:tetuneco:20160221123836j:plain

ミニマリストになるというと、周りの皆は、そんな極端な生活をしなくてもという顔をする。
何もそんな無理をして、モノを減らす必要があるのか?って。どうしてそんな生活したいの?って。
 
 
私は私で、そんなにモノが必要ですか?という顔をしてしまう。
 
多分だけど、モノが多すぎるのも少なすぎるのも、どっちもどっち。
で、どっちがいいとか悪いとかじゃないんだと思う。当たり前だけど。
 
だけれども、どうしても自分がしようとしていることが正しくて、その正しさを補完するために、相手を否定してしまうことがある。
 
 
私はこれでいいんだ、モノが少なくて、ひっそりと生きていきますということと合わせて、周りの人までもミニマリストにする必要はなくって、それはそれで、いいんだなぁって。
 
今日は日曜日だったので、捨てるのもお休み(関係ないけど)。
 
とはいえ、モノは増えてないから、まぁいいかな。
 
さあまた明日から、また一歩、ミニマリストに近づけようっと。